ウォーターサーバーの水の性質

ウォーターサーバーを選ぶ基準として使用している水は軟水が基本です。
水には軟水と硬水の2種類があります。
水の中にあるマグネシウムイオンとカルシウムイオンの含まれている量によって、軟水か硬水かが分かれます。
水1000ミリリットル中に含まれているマグネシウムイオンとカルシウムイオンの多いほうが硬水、少ないほうが軟水となります。

日本で採取できる天然水の多くは軟水です。
軟水はマグネシウムイオンやカルシウムイオンの含有量が少なく栄養面で不安があると思います。
けど、軟水は口当たりがまろやかで飲み易いのが特徴です。
私たちは子供のころから軟水を飲み慣れているので、いきなり硬水を飲み始めると違和感を覚えるかもしれません。

ウォーターサーバーで提供している水の多くは軟水です。
中には硬水を提供するウォーターサーバーもあるかもしれませんが、ウォーターサーバーの水は軟水だと考えていいでしょう。
軟水の水は私たちが普段から慣れ親しんだ水ですし、小さな子供にも安心して飲ませることができます。
子供にミネラル分の多い硬水を与えるのは、あまりよくありません。
こういった点でもウォーターサーバーの水は子供に優しい軟水を提供してくれるのです。

こちらの記事も読まれてみます

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫