電気ポットがわりにもなっておすすめ

私は建設業でよく現場にて作業を行うのですが、その現場の事務所兼休憩所に会社がウォーターサーバーを設置してくれます。ただし、仮設電気を導入できる現場に限りますが。ウォーターサーバーがあると夏は熱中症対策として冷水を供給してくれ、また、水道水と違い、ミネラルが豊富なので、体調不良を訴える人もなく、作業員たちにも喜ばれ、大変助かりました。

逆に冬場は、カップラーメンの熱湯として昼食の補助食品を作ってくれ、ホットコーヒーのお湯として休憩時間、喉を潤わせてくれました。ウォーターサーバーがなければ、冷水を作るためには冷蔵庫が必要になりますし、お湯を作ろうと思えば電気ポット、もしくはカセットコンロが必要になります。

すると狭い仮設事務所などではスペースをとられ、事務処理をするにも手狭になり効率が落ちてくるのです。よって、ウォーターサーバーを設置しておけば、電気ポット、冷蔵庫の二役をこなしてくれるので、省スペースとなり、良好な環境を提供してくれますし、水道水と違い、ミネラルの入った健康にいい水を提供してくれるので、健康面でも安心して飲むことができます。

これらのことは一般家庭でも同じことがいえますので、熱湯、冷水を作るための家電を減らし、水道水が臭くて飲めない家庭にはピッタリだと思います。ちなみに、ミネラル水は配達してくれるしね。

ウォーターサーバーは働くママの味方!

私はワーキングママ、いわゆる共働きのお母さんです。子どもが中学生になって、子育てに一段落してから働きにでました。専業主婦から一転、家事の手間が思っていたよりかかることに気がつきました。

仕事を終えて一番時間がかかるのが食事の支度です。何とかならないかと考えて、友人に勧められたのがウォーターサーバーでした。食事の支度に、煮物や味噌汁、お茶など、お湯を沸かす手間や時間がかからなくなり、ウォーターサーバーからのお湯でさらに味もよくなって美味しくなりました。

買い物で毎回重い思いをしてミネラルウォーターを買う手間もなくなり大助かりです。また、中学で部活を始めた子どもが、水筒にお茶を詰めて持っていく機会が増えたので、ウォーターサーバーですぐにお茶を作れることも便利です。

お年頃の子どもは、体重を気にしてダイエットだと言っては、夏はジュースよりも、ウォーターサーバーからの冷たい美味しい水を飲むようになり、私も旦那さんも、普段よりもお水を飲む機会が増えて、私の長年の便秘体質も、そのおかげで改善されているように感じています。

私だけでなく家族みんなで使えて、家事や家族の健康維持にウォーターサーバーで大助かりしています。

こちらの記事も読まれてみます

  ≪ 前の記事: を読む